4月21日のJ-GREEN堺で16チームが平成最後のチャンピオン目指して熱戦を繰り広げました。
当クラブは強豪がひしめくBブロクでしたが、初戦こそ7-0の完勝でしたが、強豪のドリームFC戦では大接戦の末に引分、イーデスFCとの試合では見事2-1で逆転勝利をおさめ予選を首位で通過しました。
準々決勝→ENCスポーツクラブ戦→2-0
準決勝→イーデス初芝戦→4-1
で勝利し決勝へ!
決勝では予選で引き分けたドリームFCさんがきっちり上がって来て予選の再戦となりましたが、
選手全員が全試合で最後まで走り切るというサッカーの連続で負傷者が複数人出て満身創痍での戦いでした。
結果は0-2で惜しくも準優勝でしたが内容的には互角の戦いをしていました。
全員で最後まで走る、諦めない、展開しながら攻め込むサッカーができていました。選手達の成長を感じた大会でした。
今回の準優勝の経験、悔しさを活かし次は優勝目指して頑張ってほしいです。
大会主催者のJ-GREEN堺のスタッフの方々素晴らしい大会ありがとうございました。
早朝より熱い声援、応援を選手達に送って下さった保護者の皆様ありがとうございました。

平成ファイナルカップ準優勝!